2016年9月26日月曜日

Onite イヤホン レビュー


Oniteという少々マイナーなイヤホンを購入したので簡単にレビューします。
こちらの製品はあくまでもスポーツ仕様として設計されたようで、普段使いのイヤホンをお求めならほかのものがオススメです。

おそらくORIGIN BHGS02というイヤホンも同種だと思います。
値段が少し違うのはイヤホンケースがついてるからでしょうか。



・商品説明
”おしゃれな外観の上に優れた設計を採用し、屋内と屋外に適用できます。Bluetooth 4.1テクノロジーを採用し、簡単にスマートフォン、タブレットや音楽プレーヤーとペアリングでき、大好きな音楽を手軽に快適できます。

省電力のBluetooth4.1規格を採用、ケーブルレスで自由に動ける。走ったりエクササイズをしている際にケーブルが絡まるような煩わしさから解放してくれるので、ケーブルを気にせずにスポーツを楽しむことができます。

Bluetooth4.1 規格を採用したので、マチルポイント対応で2台の携帯電話を同時待受けが可能。最大10mまで高速で安定した通信が届きます。10mの通信範囲内(障害物 なし)でスマートフォン、タブレットや音楽プレーヤーとペアリングでき、大好きな音楽を手軽に快適できます。

長時間再生に対応。待機状態:約180時間 ;通信状態:約4時間 ;充電所要時間:約1.5~2時間
Bluetooth V4.1 + A2DP HFP HSP AVRCP APTX対応なので、利用できる機器の多い通信方式を使っている。”


誤字があるが、これはamazonからコピペした説明なので、私の誤字ではない。
bluetooth4.1、aptX対応、稼働時間4時間。
最近のイヤホンでは定番のスペックとなってるが、高性能に間違いない。



・装着感
首にかけるように装着したとき、左耳のコードについてるコントローラーが重い&下の方に付きすぎのため、少しずつコードが左に引っ張られていく。
やがてコードは左に集まり、右のコードは余裕がなくなってピンと張った状態になる。
 
この状態で顔を左に向けると、右のコードには余裕がないためにコードが引っ張られる形になり、耳から脱落する。
 
 
これは同梱のクリップで衣服にコードを固定すれば解決できる。
しかし着脱を繰り返すことの多い方はその作業が面倒かも。
スポーツをする場合にはクリップは必需品なので問題ないが、気軽に音楽を聴くだけの用途だと装着がやや面倒。
あくまでもスポーツ仕様のイヤホンなのでスポーツをしない方が間違って買ってしまうと、後悔するかもしれない。

耳掛けはやわらかいゴムで、耳が痛くなることもなく快適。
イヤーピースも大中小の3つが付属している。


ちなみに装着は以下のように後ろから前にかけるみたいだが…。

その一方でモデルは前から後ろにかけている。


どっちが正しいのかよくわからない。


 
・音
色々な低価格イヤホンを使用してきたが、その中でも音はいいほうだった(「私の好みだった」といったほうが正しいかも)
しいていえば音量が大きめに感じる。
一番小さい音でも、静かな場所で聞くにはうるさすぎるぐらい
ただスポーツ仕様という点を考えると、このぐらいの音量のがいいのかもしれない。
※10/3追記
音量に関してはiphoneと接続したときの不具合の可能性があります。
現在手元にないので確認はできません。
不具合については以下をご覧ください。
iphoneに接続したbluetoothイヤホンの音量が大きすぎる問題


 
・価格
非常に安い、たぶんこれが一番の長所といってもいい。
amazonだと1500円未満で買える。
スポーツをしない私にとっては装着感がやや残念だったが、スポーツをする人にとっては特に欠点には感じられないはず。
それでこの価格であれば充分の性能といえる。


 
・その他
気になるのは充電のためのUSBポートにカバーがないこと。
スポーツ仕様とのことだが、ここから汗が侵入しても大丈夫なのだろうか?
あいにく私はスポーツをしないのでそこまでは確認できなかった。
少なくとも防汗、防水などの言葉はなかったため、雨の日のランニングなどは注意したほうがいい。


コントローラーはボタンが指で触っただけでわかるように、大げさなぐらい立体的なボタンになっている。
 これはとても押しやすくていいのだが、少しボタンが固く感じた。
ただボタンがゆるすぎても押したかどうかわからないため、これをよしとする人もいるだろう。


もう1つ、しいていえば充電時や電源オンのときにコントローラーのLEDが発光するのだが、少し光が強く感じた。
運動する分には気にならないだろうが、私は屋内で仕事をしながら使っていたため、ちょこちょこ視界に光が入るのが気になっていた。


説明書は日本語で書かれてわかりやすく、保証も1年あるのが魅力。



・総評
 
あくまでスポーツ仕様という認識で購入すれば期待通りの性能を発揮すると思います。
しかしコントローラーが原因で耳から脱落する点を考えると、クリップなしで普段使い用に購入するのはオススメしません。

ただ普段使いにオススメなイヤホンは2000~3000円程度します。
それを聞くとこちらのイヤホンがいかに低価格なのかがよくわかりますね。
 スポーツ仕様に特化させたおかげでコストを削減できたようなところでしょうか?
 

0 件のコメント:

コメントを投稿